Monthly Archives: 3月 2016

lobuffは相続弁護士「相談しようよ。安心・確実な終活を」

2016年3月15日

弁護士に相談しよう、遺族同士での争い

やあ。私はlobuff(ロブーフ)。ラブラドール・レトリバーをこよなく愛する、相続弁護士です。このサイト相続に特化したいという思いで作られました。子犬は可愛いですが、やがてそんな子犬にも終活の季節がやってきます。

もちろん人にもやってきます。

生前に自分自身の葬儀や墓の準備や、遺産相続を円滑に行うために「終活」を行う人が増えています。終活で大切なことの一つに、残される遺族に確実かつ正確に遺言を伝えることが挙げられます。

遺言には細かいルールがあり、ルールに反した遺言は法律的に無効になってしまいます。

なぜ生前に準備するのでしょうか?それは遺言書の効力を確かなものにするためでもあります。

年老いて認知症を患い、正常な意思能力を欠いた状態で作成された遺言は(相続 弁護士サイトに書き方が詳しく書いていますが)、家庭裁判所に申立をすることで無効となる可能性があります。「残すべき財産なんて無い」と仰る方もおられますが、持ち家があればそれは立派な相続財産です。

物理的に分割することができない土地や建物は、あなたの死後、遺産分割協議で遺族同士が揉めることが多い要因です。

当サイトで紹介している弁護士事務所に一度ご相談いただくのも、あなたが亡き後でご遺族が遺産相続でトラブルを起こさないための対策と言えると思います。

犬猿バトル!遺産分割協議とは?

遺産分割協議は、相続人の全員が同意しなければ成立しない厳格な法律行為です。兄弟のうち一人だけが分割内容に不服があって反対しているからといって、他の全員が多数決で抑え込むことはできません。

しかし、相続財産は大きな不労所得ですから、自分に有利な配分となるように皆が主張をして、深刻なケンカに発展することも少なくありません。

協議が決裂した場合は、まず家庭裁判所に調停の申し立てをします。それでもまとまらない場合は、最終的に審判手続きが行われ、作成される審判謄本によって確定判決と同様の効力が生じます。

特に不服申し立てが行われなければ、審判の結果を覆すことはできなくなります。

遺産分割協議に争いがある場合は、まず管轄の家庭裁判所にある家事相談室に、調停や審判の申し立て手続きや費用について問い合わせましょう。

また、自治体や弁護士会が行っている法律相談会の場所と日程を調べて、参加して相談されることをお勧めします。

lobuffはいつでもあなたを応援する。

(ところで寿命をもっと長くできないものかな。犬。)

lobuffだってトラブル嫌い「遺産相続で揉めないための遺言3つの鉄則」

2016年3月2日

lobuffは今、里親を探している。うちのラブが子供を産んだから。

さて、遺産相続に関して一番強制力が強いのは、ご存じの通り「遺言書」です。しかし遺言は立派な法律行為ですから、厳格なルールがあります。ルールが守られていない遺言書は法的な効力を持たず、無効になることがあります。自筆証書遺言の場合に覚えておいていただきたい3つの鉄則をお話します。

1.遺言者本人が手書きすること

パソコンで打って印字したものは無効です。手書きしたものをコピーして捺印しても無効です。原本である必要があります。

2.日付は年月日まで明記すること

「平成26年10月吉日」「平成26年10月」「10月15日」「80歳の誕生日」などの表記は無効です。客観的に「何年の何月何日のことなのか」が読み取れないからです。

3.夫婦別々に作成すること

夫の遺言書に妻の遺言内容を追記して、署名捺印を連名とした遺言書は無効です。どんなに夫婦仲が良くても、遺言書は一人一通、別々に作成しなければなりません。

これらは自筆証書遺言の場合によく間違える事例ですが、公正証書遺言の場合はまた別のルールがあります。当サイトが紹介する相続問題に強い弁護士にご相談いただければ、事案に応じた適切な遺言方法をアドバイスして貰えるでしょう。