Monthly Archives: 2月 2016

lobuffに依頼せよ「遺産相続の諸手続き-弁護士だけができること」

2016年2月28日

lobuffは泣いている。ラブラドール・レトリバーの寿命が短すぎて。

さて、遺産相続には様々な手続きが必要です。手続きには期限付きのものもありますし、書類の不備があると思わぬ損をすることもあります。親族間でもめないためにも、専門家に相談した上で手続きを進めるほうが良いでしょう。

相続問題を取り扱っている士業には、弁護士や司法書士、行政書士、税理士などが挙げられますが、どこに相談すれば良いのか迷われる方が多いと思います。結論から言いますと、相続調査や遺産分割協議書の作成だけならどの士業でも構いません。ただし、相続関係者との交渉や遺産分割に関する調停を行うことが法律上認められているのは弁護士だけだということを覚えておいてください。

相続はお金が絡む問題です。事務的な手続きだけすれば良いと思っていると、財産の所有権を巡って争いが起きそうな場合に対処ができません。また司法書士が専門とする相続登記や、税理士が得意とする相続税の申告も、弁護士なら一人で行ってくれます。二人以上に別々に依頼するよりも、事情を知っている弁護士に一任するほうが何かとスムーズに解決できるのではないでしょうか。

lobuffは確信する「知らなかった親の借金に無く子供、相続放棄の手続きは弁護士にお任せ」

2016年2月24日

lobuffはね、ラブラドール・レトリバーのしつけに悩んでるんだ。

さて、今日も相続の話さ。

“この20年で、相続放棄の申し立て件数が約3倍に膨れ上がっています。原因の一つに、親が借金を抱えたまま死亡して、親の借金を抱えたくない(返済できない)という切実な現実があろうかと思います。

今後もこの傾向は続くと思われます。そこで問題になるのが、相続放棄に関する手続きです。日常生活で相続の手続きを知る機会はほとんどないと思いますので、今日は2つだけ抑えておいてください。


1.相続開始から3ヶ月間経つと相続放棄できなくなる
2.親が贈与の手続きなしであなたの名義で貯めた預金に手を付けると相続放棄できなくなる


特に注意が必要なのは「2」です。意外なケースが相続財産の処分に該当することがありますので、子供の名義だからといって安易に手を付けるべきではありません。後から親の債務が発覚しても取り消せなくなるからです。自分以外の兄弟が相続放棄した場合も要注意です。下手をするとあなただけが親の負債を全額抱え込むことになりかねません。


相続が発生したら、当サイトが全国から厳選した信頼と実績のある弁護士にご相談ください。”

lobuffは語る「遺産相続は弁護士に相談せよ。長男夫婦に降りかかる究極の選択」

2016年2月15日

今日もlobuffはakbのラブラドール・レトリバーのpvを見ながら、うちのラブに何を着せようか悩んでいます。

いよいよ2015年1月から相続税法が改正されます。改正の概要は別途お話しようと思いますが、「終活」とい言葉が広まっていることからも、多くの人が相続問題を身近な問題として捉えはじめたことは確かです。

相続で問題になりやすいのは遺産分割です。どんなに兄弟仲が良くても、それぞれ家庭を持ったからには自分の家族を守ることが第一優先になります。昔のように兄弟仲良く円満に解決、とはいかないことが多いのです。


典型的なケースが、財産目録に戸建ての住居がある場合です。親の介護で実家暮らしをしてきた長男夫婦には可愛そうですが、財産は兄弟が等しく分割する権利があります。つまり、売却しない場合は兄弟の相続分に相当する金額を支払わなければなりません。どう考えてもモメますよね・・・


こうならないためにも、親が生きているうちに遺言や遺産分割について話し合いを始めることが大切です。ぜひ、弁護士などの相続問題の専門家を有効活用して、今からできることをやっておきましょう。